読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩むよ!考えるよ!でも毎日ポジティブさ!

エンターテイナー介護士!壁なんて喜んで乗り越える

若手育成

こんばんは。

お酒を飲みながら、

『後輩』について考えてました。

この間、専門学校の友達だったり、幼馴染が、後輩について悩んで居たのもあり、

う〜む、後輩かと。

僕はどうしてきたのかなと、、お酒を飲みながら
曇り空眺めながら、考えてます。

後輩と言えば思い当たる節は

大学時代の後輩〔4歳下くらい?〕
専門学校の同級生〔6歳7歳下〕
慶友病院での後輩〔7歳8歳下〕

でして。

今では、心通じる仲間であり良き友で、、、、

一方的にでしょうが
僕は、歳下や後輩が大好きでたまりません。

なぜなら、僕も20歳の頃。もしくは18歳で、オーストラリア行った時に出会った当時28.29歳の方々に
多くを教えてもらい、成長するにつれ理解出来た事ばかりで、

あ〜あの方々のおかけで今があるんだなと感じるからです。

当時は、え?よくわからないと言い返してましたが。

それぐらいお互いを尊重できる間柄だったから。
それは相手の方が作ってくれたんだと思います。
だから、その後もずっと心に残っているんだと。

だから、僕もそうなりたいと思った。

心掛けているう事といえば
・相手を好きになる事
・出来た事を褒める事、なぜ出来たかを振り返る事
・出来ない事、苦手な事を振り返る事
・自信を持つように、問い掛ける事

だと思います。

なにより『後輩も今まで生きてきた中で培った価値観で生きている』と言う事。


何か言えば、
言い返してくる後輩。
顔にイライラが滲み出てる後輩。
プライド高い後輩。

そんな素直な感じが大好きで、
だからこそバチっとぶつかり合って話したい。

知らなくて当たり前なんだ、
出来なくて当たり前なんだ、
だけど、一生懸命、生きたくてもがいてるだけなんだ。

だからこと、

わからない事は、わからないと言ってもらいたい。

後輩を伸ばす事が、先輩の役割でもあるから
時間割いてでも、バチっと向かい合いたい。
不器用な後輩しかいないから、
彼らといたら、僕も、頑張んなきゃと思える。

してもない&出来もしないのに、こうしたらいいよっていうアドバイスはしたくない。
嘘ないアドバイス出来るように、自分の人生を歩きたいと思う。

当分、新しい後輩出来そうにありませんが。
出来た時は、写メ撮って、ここに載せたいと思います。